Airbnb運営に朗報 Booking.comノーショウ対策はsquareカード決済

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

AirbnbホストでBooking.comに物件登録されている方も多いと思います。

Booking.comで一番やっかいなのは、ノーショウ(NO SHOW)と呼ばれる

不泊まりです。いわゆるドタキャン。

それを解決してくれるのがSquareの導入です。

No show airbnb

Square とは

現地決済の場合、お客様から不払い分の予約料金を徴収しなければいけないのです。

そこで解決策がSquareが提供するSquare決済サービスというわけです。

これさえあれば、ノーショウも怖くない。

Square で一体何ができるのか

Airbnbホストが使用する項目にしぼってみました。

square 導入

実際にとっきーがSquareを導入しているので3点にまとめてみます。

  1. カード有効性の確認
  2. ノーショウ(No show)の決済
  3. 現地カード決済 square card reader

1.カードの有効性の確認とは

予約が入った時にカードが有効かどうかsquareを使用して確認ができます。

カード番号を入力し、使用期限とCVVコードを入力します。決済額は100円で入力します。

決済ボタンを押して、カードが有効であればサイン画面が表示されるので、

現地決済であればキャンセルしておきましょう。カードが使えるかどうかの確認のみです。

square カードリーダー

カードが有効ではない場合やCVVコードが違うなど入力情報に不備がある場合は、

サイン画面が表示されません。その場合は、お客さまに再度、情報の再提出をお願いします。

Booking.comで予約を受けた場合、管理画面からクレジットカードが利用不可の受付してください。

受付から24時間で施設側から予約をキャンセルできるようになります。

お客さまの回答が24時間以内にない場合は、ばっさりキャンセルしてしまいましょう。

2.ノーショウ(NO SHOW)決済

No show

お客様がご予約されても当日来ないこともしばしばあります。(ノーショウといいます)

飛行機が遅れてチェックイン時間が通知していたものより遅くなることもありますので、

ノーショウ決済は、確定した翌日に決済した方がいいです。

万が一、後で来た場合は決済の方法で必ずもめますので次の日に決済してください。

この場合、お客さまのカードが現地で使えないので

ipadなどの端末アプリからカード情報だけを入力して請求します。

1.のカードの有効性の確認作業を怠るとカード情報が間違っていて

決済ができない!なんてことになるので、事前に有効性を確認しておきましょう。

3.現地カード決済 square card reader

square card reader

ipadなどの端末とsquare card readerがあれば、現地のカード決済に対応できます。

外国人の方は現金を使いたくない場合も多く、クレジットカード払いが多いです。

square card readerにクレジッカードを通して、アプリで操作すれば決済可能です。

square card readrerなしでもカード番号があれば決済可能ですが、手数料が3.25%から3.75%に

なってしまうのでカードリーダーは用意しておいた方がいいでしょう。

Square card readerが無料で手に入る

square card reader

新規アカウント登録すると、リーダー代金(4980円)が実質無料になります。

キャッシュバックがついてお得に!

Airbnbの運営のみならsquare card readerはいらないが

square card reader

AirbnbホストがこれからもずっーーーとAirbnbのみで運営される場合は

square card readerはいらないかもしれません。

ですがBooking.comのサイト登録や現地決済が必要になってくれば

必ず使用するのがsquare だと思います。

AirbnbとBooking.comは同時運営が可能

Booking.com

AirbnbとBooking.comの同時運営は可能です。Airbnbの予約受付を承認制に

すれば、Booking.comの予約が同時に入ったとしても、部屋割を調整できます。

その場合は、Airbnbの即予約機能は止めておきましょう。

Booking.comに登録したらsquare card readerは必須

Booking.com

Booking.comの予約の場合、基本的に現地決済になります。もちろん、事前決済も

可能ですがクレジットカードの番号を読み込む端末とカードリーダーが必要です。

iPhone、iPad、Android端末が対応しているので購入しておきましょう。

その端末のイヤホンジャックにsquare card reaaderを接続して使用します。

アプリは、購入したiphoneなどからダウンロードすれば、使用可能です。

Square card readerはチェックアウトした後でも使用可能

check out

チェックアウトした後に、お部屋の備品が壊れていたり、カーペットが

汚れてクリーニングが必要だったりしても大丈夫。

この場合は、Squareのcard readerは使用せずに端末にダウンロードした

アプリから料金を引き落とす事が可能です。

使用時はお客様に代金と決済内容を確認の上、

  1. クレジット番号
  2. 使用期限
  3. CVVコード(クレジットカード裏の3桁の暗唱番号、アメリカンエクスプレスは4桁)

を入力して代金を請求しましょう。

上記の情報は、Booking.comの管理画面からクレジットカード情報を表示ボタンから

取得できますので、予約が入った際は必ずプリントアウトしておきましょう。

クレジットカード情報の表示

Squareの対応カードが増えます

square 対応クレジットカード

もうすぐ、JCBに対応!

VISA、MasterCard、American Expressに加えて、もうすぐJCB、Diners Club、Discoverのカードの受付が可能に。

Squareを導入しない理由はない

クレジット決済も現地で可能になり、ノーショウ対策も万全で挑めます。

お客様による備品の破損請求もできるようになるのがSquareの魅力です。

端末は手持ちのipadやiphone、アンドロイドでも対応できるので導入費用も

ほとんどかかりません。square card readerの費用もキャッシュバック付きなので

実質無料で導入できます。これは、いれとくしかない!

うちはSquareを導入したおかげでNo showも全然怖くなくなりましたよ。

カードの有効性が確認できなければ、こちらから事前に予約キャンセルしています。

まとめ

やっかいなBooking.comのノーショウ(No Show)ですがsquare card reader さえあれば

現地決済もノーショウ対策も万全です。導入すればNo showにおびえる日もなくなる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク