Airbnbホストになる3つ方法 お部屋レンタル 体験型の違い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Airbnbホストをはじめようとしている方が多いようなので、

ホスティングの3つのタイプとお部屋のタイプも3つ別に分けて

簡単に説明してみょうと思います。




Airbnbホストになるには、3つの方法がある

airbnbホスト

おもてなしのタイプを分けると、ホストは3つあります。

  1. 空いているお部屋でホスティング
  2. 近くのエリアでホスティング
  3. ユニークな体験をホスティング

airbnbホスト

1.「空いているお部屋のホスティング」が、一番メジャーなホストになります。

空いているお部屋を貸して収益を得るタイプです。山にあるキャビンでも、倉庫でも貸す事ができるようです。

2.「近くのエリアでホスティング」ですが、いわゆる補助ホストということになります。

家族のどなたかが空き部屋や空き家をもっているが仕事があるから、管理できない時

などにお助け補助するホストです。

3.「ユニークな体験をホスティング」ですが、家や部屋を貸すのではなく、体験を

販売することになります。例えば、大阪の観光ガイドやもちつき体験などを販売します。




airbnbホスト

多くの場合は1.の空き部屋を販売するホスト=Airbnbホストといったイメージで間違いないですが、最近は観光客が体験型の旅行を望む傾向も多いようです。何か特価した体験を販売できる方は、体験型Airbnbホストをおすすめします。

3.の体験型はまだ市場の参入者も少ないので、沢山の観光ゲストが来ることが期待できます。




Airbnbホスト①空いているお部屋でホスティング

まずAirbnbをはじめる前にAirbnbでお部屋検索をしてみてください。

登録してなくても検索はできます。

airbnbホスト

検索のタイプに宿泊先というタブがあるのでカーソルあわせてみると

お部屋タイプの検索ができます。

airbnbホスト

ホストがレンタルできるお部屋のタイプは3つあります。

  1. まるまる貸切
  2. 個室 自分専用の個室∔共用スペース
  3. シェアルーム 相部屋などのシェアルーム




Airbnbホスト 1.「まるまる貸切」のタイプの物件

airbnb ホスト

現在、一番多いタイプが1.「まるまる貸切」のタイプの物件です。

日本は2015年から中国の爆買いブームがはじまり、それに伴いAirbnbのブームもはじまりました。

Airbnbの使用者は、4人以上もしくはそれ以上の大人数で来ることも多いです。

airbnb ホスト

ホテルで4名以上の利用の場合、トリプルのお部屋が使えません。そうなるとツインのお部屋を2つ予約しなければなりませんから金額も2倍になってしまいます。これは、旅行者にとって大きな出費です。




Airbnbホスト 2.「個室 自分専用の個室∔共用スペース」

airbnbホスト

2.「個室 自分専用の個室∔共用スペース」ですが、ホストとゲストが同居するタイプです。

ホストの住んでいる家にゲストが一緒に泊まることになるので、少し気を使います。話し声、

トイレの音、食事の音など文化も違いますので、忍耐力が必要かもしれません。




シェアハウスに長く住んでいたなどの経験がある方には、精神的に負担ではないかもしれませんが、常に自分の家の中に他人がいるという状況は思ったよりもストレスがかかります。

airbnbホスト

ゲストも側も気を使わないで旅行したいというのが本音だと思います。よほど格安で販売しない限り、現状では予約がとりにくいタイプになりました。

Airebnbの爆発的な広がりで貸切タイプの価格競争が起こり、個室に泊まる必要がなくったことも原因です。個室タイプのホストになることは、現在おすすめできません。




Airbnbホスト 3.「シェアルーム 相部屋などのシェアルーム」

airbnbホスト

3.「シェアルーム 相部屋などのシェアルーム」ですが、昔からあるゲストハウスのドミトリーがこちらのタイプにあたります。2段ベッドで上下ベッドをシェアすることになります。

ほとんどの場合、6畳部屋に2段ベッドが2つもしくは大部屋に多数の2段ベッドが並ぶ形になっています。他の旅行者が上か下のベッドを占領しますので、他人の音が気になる方にはおすすめできません。咳払いや寝がえりの音も聞こえます。

airbnbホスト

ゲストは、格安で旅行しようといういわゆる「バックパッカー」と、スーツケースをひっぱってくる「旅行者」の2つのタイプにわけられます。

「旅行者」は快適なお部屋を望むことが多いので、「ドミトリータイプ」より「貸切」タイプのお部屋を予約することが多いです。要するに、




Airbnbホスト②「近くのエリアでホスティング」補助ホスト

Airbnb 補助ホスト

いわゆる補助ホストです。家族や親せき、友人にレンタルしたお部屋やゲストのお世話をお願いする形です。空き部屋はあるけど、管理ができない方やゲストの面倒を見るのが面倒という方は、補助ホストがいるといいかもしれません。

ホスティングを誰かに手伝ってもらいたい、家族や友達みたいに、信頼できる誰かにゲストへの連絡やチェックインを任せたいという方も世界中のホストに多いです。

Airbnbホスト

現役ホストがアカウントに補助ホストを追加して作業を分担できるというものなので、

自分のアカウントに勝手にアクセスされることなく、家族や信頼できる友人にホスティング業務だけ手軽に分担できることが特徴です。




Airbnbホスト③ ユニークな体験をホスティング

Airbnbホスト

もし、ホストが特別ユニークな特技がある場合は、体験ホスティングをおすすめします。

こちらは、体験を販売することで収益が発生します。大阪の観光ゲスト、ポールダンス教室、茶道体験や洞探検など様々な体験が可能です。

Airbnbホスト

大阪でポールダンス

ただ旅行に行くのは飽きてしまって、新しい体験がしたい方におすすめです。

ホスト側から見ても、意欲高いゲストさんが予約してくると思いますので、楽しい時間を過ごせることでしょう。

まとめ

3つのホストが存在するので自分にあったホストのタイプを選択しましょう。お部屋レンタルなら貸切型がおすすめです。特技のある方は体験型でチャレンジしてみよう。




スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク