Airbnb トラブルは避けたい 無許可の違法民泊を通報する5つの方法と仕方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Airbnbトラブルが多いので有名です。

日本のマナーや習慣を知らない外国人が、勝手にマンションや空き家を

使用するんですから、当然トラブルは起こります。

変な外国人が出入りして気味が悪いし、夜は話し声がうるさくて眠れない。

よし、通報しよう。

でも、どうやって通報したらいいかわからないし、通報した事はバレたくない。

そんな方が多い今日この頃。思いたったら吉日。

奥さん、今日が通報日和です。」

Airbnbトラブル

変な外人が家の周りに

せっかく購入したマンション物件なのに、隣が違法民泊なんてはじめたら

たまったもんじゃありません。

違法民泊を通報する方法がいくつかありますので

ご参考にして頂ければと思います。

airbnbトラブル

これで通報はばっちり!

Airbnb トラブル民泊を通報する5つの方法

  1. 保健所に通報する
  2. 管理組合に通報する
  3. 警察に通報する
  4. Airbnbサイトに通報する
  5. 民泊ポリスに通報する

Airbnb トラブル民泊物件を保健所に通報する

airbnb トラブル

宿泊業を営む場合は旅館業法を取得する必要があります。

旅館業法を取得するには、保健所、消防署、建築指導課などの許可が必要ですが、

最終的に許可を発行するのは保健所となっています。

ですから、保健所に通報するのがベストです。

ヤフーかgoogle 検索で「都道府県 + 民泊 + 通報 + 保健所」

と検索すれば通報先の電話番号が出てくると思います。

大阪の違法民泊に関する相談

大阪市保健所環境衛生監視課(旅館業指導グループ)

  • ファックスによる受付

  ファックス番号:06-6647-0733

  24時間受け付けています。

  • メールによる受付

  メールアドレス:[email protected]

  24時間受け付けています。

現状、許可をとって営業しているところはほんのわずかで、

ほとんどの物件が違法の無許可民泊です。

つまり、あなたのお家のお隣が民泊を始めたら

それは、違法の無許可民泊です。

airbnb トラブル

といえる程、ほぼ無許可です。2016年の8月に大阪府内の民泊が10000件を突破しました。

そのうち、特区民泊と言われる旅館業法を必要としない許可の物件が、大阪でいくら

ぐらいあるか予想がつくでしょうか。

国家戦略特区 特区民泊について 平成29年3月28日

関西圏:52施設101居室
大阪府:4施設6居室
大阪市:48施設95居室

というわけで、関西圏内でも特区民泊は52施設101居室しかありません。

すべての民泊の1%しか許可をとっていない。

airbnb トラブル

もし通報したい物件が、特区民泊の地図に載っていない場合は許可なしという

ことになりますので自信を持って、保健所に電話しましょう。

次の日には、保険所と警察がセットで違法民泊物件を訪問すると思います。

※保健所が忙しい場合は、後日になります。土日もきっと保健所は来ない。

特区民泊を除く旅館業法のタイプ別では

ホテル、旅館、簡易宿所、下宿という4つのタイプがありますが、

どれも許可が難しく、なかなか許可がおりないです。

airbnb トラブル

民宿やビジネスホテルは、簡易宿所で許可をとっているところが多いですが

民泊は、99%が無許可です。

Airbnb トラブル民泊物件を管理組合に通報する

airbnb通報

マンションにお住まいの方は、管理組合に通報できます。

特に分譲で購入したマンションの場合は、管理規約があると思います。

民泊をマンションでやってもいい旨の特約などがない限り、即退去となるでしょう。

賃貸でお住まいの方は管理組合はないと思いますので、通報の方法はその他になります。

Airbnb トラブル民泊物件を警察に通報する

airbnb トラブル

一番思いつきやすいのが、警察への通報です。これは何かしらの理由がないと

通報できないと思います。Airbnb民泊物件の不備を見つけて通報する手段になります。

通報するのに多い理由は

夜にうるさい喚き声、騒音苦情

になると思います。通報した場合は、警察が一度現地まで向かいます。

Airbnbホストがいない場合は後日、保健所が現地の物件を調査して、

オーナーに営業停止を宣告するはずです。

無許可な上に、他人に迷惑がかかっていても営業を続けるオーナーがほとんどです。

他人の迷惑より営業の利益を優先するホストさんが多いですので、通報することを

ためらう必要もないと思います。

Airbnb トラブル民泊物件をAirbnb通報窓口に通報する

airbnb

オーナーがAirbnbのサイトで物件をリスティング(部屋の貸出し)している事が確実ならば、

Airbnbのサイトに通報する手段もあります。

ですが、こちらはAirbnbがオーナーに対して注意するだけに終わりますので、

あまりオススメできる通報手段ではありません。

airbnb通報

オーナーがAirbnbを使用しているか確認するのも時間もかかりますので、

やめておきましょう。物件を確認したいのであれば

https://www.airbnb.jp/

サイトにアクセスして通報したい物件を探すことになります。多くのリスティングは

物件の外観を掲載していないことが多く(通報されないようにするため)特定するのは

難しいと思います。

Airbnb 通報

地図に示している物件場所は、駅から近くにポイントしていることも多いですので、

Airbnbを使用されたことがない方は見つけるのは困難です。Airbnbに通報窓口が設置

されましたが、問題は早急に解決しないと思うので、オススメはできません。

Airbnb通報窓口

Airbnb トラブル物件を民泊ポリスに通報する

民泊ポリス

民間の株式会社オスカーが開始した民泊通報サービス「民泊ポリス」に通報する

ことができます。民泊をしていると思われる物件を匿名で通報できるサービスです。

通報件数

第1位 大阪府大阪市 285件

  • 第2位 東京都新宿区 115件
  • 第3位 東京都渋谷区 110件
  • 第4位 京都府 65件
  • 第5位 東京都台東区 53件

ぶっちぎりで大阪が多いです。

民泊ポリスに通報する

民泊ポリス

新しいサービスを使ってみたいと思う方は民泊ポリスに通報する

から通報してください。

まとめ

通報の種類は色々あるが、保健所の違法民泊相談窓口に電話するのが一番早く解決します。

通報マニアは他の方法も試してみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク